ファクタリングの企業での利用方法とファクタリングのメリットとデメリット

HOME>特集>企業で資金繰りが悪くなる原因の一つに売掛債権が流動化できないことがあります

資金繰りが悪くなる原因

社員

ファクタリングとは、売掛債権の流動化という特色があります。つまり、売り上げによる売掛金が発生した場合、実際に入金されるまで先方の締め日や支払期日があるため、すぐに現金化されません。手形を受け取った場合をイメージすれば良いでしょう。ファクタリングは、その売掛債権を専門会社が買い取ることにより流動化します。つまり、債権なのですがキャッシュフローでは資金繰りに悪い影響を与える売掛債権を解決するものです。もう一つのメリットは、売掛先の企業に万が一のことがあっても譲渡した売掛金を返済する必要がないことです。手形で受け取った売掛金が不渡りとなっても、債権譲渡後であれば譲渡した債権を返済する必要がないということです。

手数料の特徴

男性

しかし、ファクタリングにデメリットもあります。売掛債権が回収されるまでの手形割引料などの負担金利とファクタリング専門会社に支払う負担や時間を比較すると、一般的にファクタリングが不利と言われます。しかし、ファクタリングのメリットを考えると当然のこととも言えるでしょう。

業者の選び方

社員

具体的にファクタリング専門会社を選ぶときの方法はどうでしょう。比較するのは手数料、スピード、取扱い債権、営業時間、実績などを検討すると良いでしょう。手数料はファクタリングのメリットからして高いのが当然としても、会社によって異なります。取り扱い債権も医師の診療報酬債権を譲渡できる場合などもありますから、よく比較してみるべきでしょう。

広告募集中