大阪市における民泊運営代行を見つけることで、スムーズに民泊が行えます

HOME>イチオシ情報>気軽に利用して、外国人宿泊客と仲良くなりましょう

利用する際の注意点を考えましょう

女性社員

大阪市では近年、外国人観光客の増加で民泊を利用する人が増えています。個人事業主として単体で行うこと自体が難しい場合が多く、民泊運営代行業者に依頼するケースが多いのが現状です。まず利用する際の注意点としては、民泊の許可申請を行っていることが挙げられます。その許可を得るための民泊運営代行業者が存在しており、費用は約40万円以上となっている場合が多いです。また、部屋の広さによっても審査機関が変わってくることもあるため、余裕を見て行うことが重要になります。次に、民泊運営業者の実施経歴をよく確認することが大切です。実際の事例を確認するだけでも、信頼出来るかどうかにつながります。さらに、契約後のプロセスも安心して進めることが出来ます。

必要なものを揃えましょう

スーツの女性

大阪市の民泊運営代行業者に申請する際には、必要なものを準備することが重要です。基本的には4つの確認項目があり、全ての条件を満たしたとしても必ず認定されるとは限らないため、慎重に行う必要があります。まず第1に、用途地域の確認になります。様々な種類の用地が存在していますが、概ね第一種・第二種居住地域や準居住地域、近隣商業地域・商業地域などといった用地に物件があることが必須です。まずは自身の物件がどの分類に属しているかを確認することが必要になります。

付属して必要なものを揃えましょう

男性

大阪市の民泊運営代行には、居室の床面積も確認する必要があります。壁心面積で25平方メートル以上が必要で、バスルームやトイレなども含まれます。注意点として、ベランダは含まれないので除外して計算することが必須条件です。そして最後の必要事項として、賃借人の許可やマンションの場合、マンション管理規約に適合しているかを確認することが大事になります。基本的に標準管理規約などを採用していることが多いため、入念に調査してから申請することが重要だと言えます。

広告募集中